庭スマイルEX | 庭から考える失敗しない住まいづくり

代表取締役 丸山 マナブ 住景観建築家/一級エクステリアプランナー/二級建築士

「庭付き一戸建てを買う!」と決めるているのに、つい見失うのが『庭』のこと。
下記事例のようにならないためにも庭・外廻りことはエクステリアのエキスパート【庭スマイルEX】にお任せください!
文字通り「”庭付き”一戸建て」一緒に楽しく理想の住まいづくりを実現しましょう!!

実際に住んでみて思った庭・外構のこと…。No.1

『庭に出た時、近隣や通行人の視線が気になる…』
『旅行など長期不在の時、オープン外構は防犯面でいつも心配になる…』

住んでから思う外構に対する上位意見。私たち専門家と計画的にデザインをおこなえば後悔のない理想的なクローズ型エクステリアが可能になります。
※クローズ型外構はセキュリティーやプライバシーが守られる外構のハイスペックプランです。

実際に住んでみて思った庭・外構のこと…。No.2

『来客者や将来的増車のために駐車スペースもっと広くを確保しておくべきだった…』

建物の間取りや配置は、外構にとってもとても重要な計画です。
私たちは、エクステリアの観点から建築のセカンドオピニオンとして最善の建物の間取りや配置案をアドバイスいたします。

実際に住んでみて思った庭・外構のこと…。No.3

『庭のスペースが思った以上に狭くどう有効活用していいか判らず物置状態になっている…』
『建ぺい率の関係で庭部分が広く手入れが大変なため雑草だらけで虫や蚊が発生している…』

私たちエクステリアプランナーは庭・外構工事のプロフェショナル。
狭小・広大・高台・変形土地、どんなガーデンスペースも有効活用できるご提案が可能です。

実際に住んでみて思った庭・外構のこと…。No.4

『玄関ポーチの形と段数、外構のアプローチと合わせるのが結構大変だった…』

玄関から一歩外へ出て直ぐに関わる玄関ポーチ。通常は住宅会社が・つ・い・でに施工します。
私たち外構工事の専門家はエクステリアの視点からより使い勝手と見栄えの良い玄関ポーチを形成します。

実際に住んでみて思った庭・外構のこと…。No.5

『無計画に配管・排水升・室外機を設置しため後の外構工事でそれらの移設費用が余分に掛かった…』

建物(家)と外構(庭)を分離発注して頂ければ、住宅会社と対等な立場で配管・排水桝・室外機・縦とよ等の配置を考慮した合理的な外構工事が可能になります。

実際に住んでみて思った庭・外構のこと…。No.6

『費用やアフターの観点からも面倒がらず外構は専門業者へ直接依頼するべきだった…』

建物(家)と外構(庭)。分離発注が不可の住宅メーカーの場合は外構(庭)の計画(デザイン)のみを住宅メーカーにしっかりお伝えいたします。

エクステリア業界20年以上!

住景観建築家/
丸山マナブがお手伝いします!

住景観建築家 1級エクステリアプランナー 丸山マナブ 丸山マナブ

1級エクステリアプランナー/二級建築士/ブロック塀診断士/他、建設系資格多数所得/(一社)日本エクステリア設計協会:正会員

東北初のEXコンテスト金賞受賞

‘05に東北では異例のエクステリア設計専門会社を開業し、‘07には東北初のEXコンテスト金賞受賞いたしました。
他、設計・施工の現場は、エクステリアメーカー、カタログやカレンダーのイメージ画像として多数起用されています。中でも、同年に1社(1人)で一挙に3社のコンテスト上位受賞したのは業界初であり、その功績は10年以上たっても未だやぶられていません。
現在は自らも現場施工をこなし、多くのお客様よりご好評いただいています。

2020年、住宅メーカー主導ではなく、お客様主導の「正しいエクステリア施工・発注」を多くの方に知っていただくため、「庭から考える住まいづくり」【庭スマイルEX】を開設いたしました。

そもそも「エクステリア」ってなに?

クローズ型外構サンプル図

※サンプル図はクローズ型外構

サンプル図の様に建物から離れたものは全てエクステリアの領域になります 。
名称は「 エクステリア 」 「 外構 」 「 アウテリア 」 等と呼ばれ 、 時に 「 庭 」と一文字で要約することもあります 。 いずれも 【 家の外廻り 】 という意味を表しています 。

ここで皆さんよく 「 植木屋さん 」 と勘違いされるのですが 、 もちろん植木仕事も一部に入っておりますが決して植木専門でお仕事を請負っている職種ではありません

▼掘削工事 ▼ブロック工事 ▼コンクリート工事 ▼土留工事 ▼砂利敷き工事 ▼レンガ工事 ▼石材工事 ▼塗装工事 ▼鉄筋工事 ▼左官工事 ▼給排水配管工事 ▼電気配線工事 ▼解体工事 ▼植樹 ▼剪定 ▼倒木 ▼フェンス/カーポート/物置の取付け等々 ・・・ 。
この様に一業者が施工する工種は建物(家の)工事よりも技術も知識も多い職業になります。これら全てをコーディネートするのが 「 エクステリアプランナー 」のお仕事となります。

『理想の”庭付き”一戸だてをつくる』
心得3箇条

心得 1 - 家と同様、庭の出来栄えや将来性を計画的に考えよう

家と同様、庭の出来栄えや将来性
を計画的に考えよう

家と同様、庭も家族と長い時間を共にするので「家庭」と表現します。庭・外構も一度作ると用意に作り変えることができません。建物配置、配管・排水弁・室外機・外部推薦・縦どい等の無計画な設置は外構工事を妨げる要因です。

心得 2 - 「家づくり」と「庭造り」は似て非なる事業

「家づくり」と「庭造り」は似て非なる事業

家と外構は分けて考えるのがベスト。外構の事は私たち外構専門会社に迷わずご相談ください。「面倒だから」「住宅会社に一緒じゃないと困ると言われたから」では、理想の住まいに程遠い仕上がりになりかねません。

心得 3 - 住まいづくりにおいて妥協は後悔

住まいづくりにおいて妥協は後悔

ローン申請に間取り決め、家具やカーテンの備品選びに引っ越しの準備etc・・・。
家を購入するときはやることが山積みになります。故に肝心の工事は住宅メーカーに任せっきりになりがち。これでは一体誰の為の家づくりかわかりません。施工の主導権はあくまでも”施主”のあなた自身です。
家族みんなが何十年も共にする住いづくりにおいて妥協=後悔と言っても過言ではありません。

関西では当り前でした!!

宮城・仙台でも当り前になって欲しい「外構の分離発注」

兵庫県出身 広報/施工担当 稲美裕美子 広報/施工担当

稲美裕美子

家と外構、それぞれ別に相談・発注する世帯がほとんど

実家でもそうですが私の住んでいた関西では施主自身で外構会社を選び、自分たちのライフスタイルに合わせた外構を作る世帯がほとんど。そのため全くハウスメーカーの下請けをしてない外構専門店も関西では珍しくありませんでした。
そのため新築でも外廻りは砂利のままで引渡しというお宅も結構多いです。

お金の無駄をなくして”賢い”予算配分で個性を発揮できるのが外構/エクステリア

家がいくら立派でも外廻りがお粗末だとそのお宅の資質を疑われます。住宅メーカーでへたな外構はつくりたくないし、住宅メーカーの外注のエクステリア業者だと余計なマージンを取られてしまい数十万単位で損することも関西の人は当たり前に知っています。
直接エクステリア業者に相談することで、無駄を省いた分をしっかり外構に投資しすることで、全体的な仕上りで”失敗した”、”後悔した”という人は少ない気がします。

業界初!理想の住まいづくり。
本格的「外構分離発注」施工サービス。

『庭から考える住まいづくり』庭スマイルEX

~私たちが理想の「家(と)庭」=住まいづくりを外構業者としてお手伝いします~

メリット

  • 建築士免許もある当社が家の購入時セカンドオピニオンとしてご予算や希望に合った住宅会社を匿名でお探しいたします。
  • 住宅業者と外構設計・施工について当社が調整を行い、施主(あなた)様の理想の住まいづくりを可能な限りサポートいたします
  • 将来を見据えたライフスタイルに合わせた、妥協のない外構・エクステリア施工が可能になります
  • 外構工事はすべての現場で自社施工のため、行き違い施工や勘違い施工がありません
  • 住宅業者が入らず中間マージンがないため、価格に見合った外構・エクステリアに仕上げます
  • 私たちは家の外廻り/エクステリア工事の専門家狭小・広大・異形どんな敷地もあなたの理想とするガーデンスペースご提案が可能です。

デメリット

住宅業者と外構業者、建物と外構を
別々に打ち合わせ・契約をする手間があります

この手間が後悔するかどうかの分かれ道です!
理想の住まいを創り上げるまで伴走します!

家の引き渡し後の外構着工になります
(家の引き渡し直前には外構は完成していません)

家を建ててから外構施工するのは住宅業者も同様のため、
分離発注でもトータル施工期間は変わりません

落とし穴に注意!

外注施工の『エクステリア専門会社』

実際に施工スタッフが社内にいるか確認しましょう。
エクステリア会社が外注施工している場合は住宅メーカーが下請けの施工業者をつかう構図となんら変わりがありません。
これではせっかく分離発注しているのに本末転倒です。

建物と外構は一緒でなければ契約できないという『住宅メーカー』

住宅メーカーも建物(家)と外構(庭)が別ものだと認識しており、自社の利益を増やすためだけの「抱き合わせ商法」です。その場合「それは外構工事なので・・・」と、後のプチトラブル等を避けるためにも責任所在を明確にしておくことをお勧めいたします。

エクステリア工事の施工事例の一部をご紹介します

私たちに”住まいづくり”をお手伝いさせてください!

  • 代表 丸山マナブ

    丸山 マナブ

    【代表】

    1級EXプランナー
    二級建築士

  • お客係/施工担当 丸山宏美

    丸山 宏美

    【お客係/施工】
  • 広報/施工担当 稲美裕美子

    稲見 裕美子

    【設計/施工】
  • 現場主任 及川一幸

    及川 一幸

    【主任】

    1級造園施工管理技士
    2級土木施工管理技士

  • 設計/施工担当 松本沙和

    松本 沙和

    【広報/施工】
  • 設計・施工担当 宮本愛子

    宮本 愛子

    【営業/施工】

    2級EXプランナー

  • ご近所さんも来訪者も一番に見る住宅の顔「玄関ポーチ」。
    セレン・トセンドなら使い勝手のよい”イケメン”玄関ポーチをご提案します!
  • 建物の工期や予算で諦めることが多い「クローズ型エクステリア」。
    計画的・段階的に「”育てる”エクステリア」プランで理想を実現するご提案をします!
  • もちろん長い時間を過ごす建物配置も重要です!建築士免許も所有しているセレン・トセンドはセカンドオピニオン(第三者)として、最善のアドバイスをいたします!
  • 新築なら、配管・排水桝・室外機・縦とよ等の配置で住宅とエクステリアの限界が決まります。住宅会社と対等な立場でお客様の代わりに折衝(交渉)します!
  • 分離発注不可の住宅会社の場合もお任せ!図面(企画)の内容を住宅会社にしっかりお伝えするお手伝いをします!

もしかするとお客様のお手伝いは
できないかもしれません。

当社は品質やサービスを維持するために営業~設計~施工~アフターまで全て自社で対応しているため、同時に多くのお客様にご利用いただくことができません。

そのため、毎月新規のお客様は4組までとさせていただいておりますので、ご相談はお早めにいただきますようお願い申し上げます。

  • 完全予約制
  • 毎月4組様限定

EXコンテスト金賞受賞の1級EXプランナーによる “庭スマイルEX”プレミアム相談会

出張相談無料!

0120-485-028

(電話受付:平日9:00~17:00)

(24時間受付中)

※相談受付時間 9:00~17:00
※宮城県外の方はビデオチャット・電話相談にて対応いたします
※外構のリフォームは022-702-3789迄お電話下さい。